大阪中小企業、ボーナス支給は5割新型コロナで業績悪化 [蚤の市★]

1:2020/07/05(日) 06:06:46.22ID:HPI6TldR9  大阪シティ信用金庫が大阪府内の中小企業を対象に実施した2020年夏のボーナス調査によると、支給を予定する企業は50.4%にとどまった。前年の59.8%から9.4ポイント急減し、リーマン・ショック後の2009年(8.9ポイント減)を超える減少幅となった。新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化が主な要因。平均支給額は前年比5.1%減の27万8946円で、2年ぶりに減少した。

 平均支給額は1万4969円減少し、消費税が8%に増税された2014年(1万7252円減)以来の落ち込みとなった。業種別では卸売業が12.5%減、製造業が8.1%減と大きく下げた。

共同通信社 2020/7/4 15:52 (JST)7/4 16:03 (JST)updated
https://this.kiji.is/652039591554368609

210:2020/07/06(月) 05:53:36.10ID:DT3P0j4Y0

医療関係で働いているけど
コロナで外来客が大幅に減って

医療法人の関連の福祉施設も外部との調整がコロナで滞って
サービス提供数が減り、加算が落ち込んで収益悪化してる

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す