【速報】世界最速の新型コロナウィルス治療薬「セルトリオン」 7月に臨床試験開始へ

1: なんJ暇つぶし 2020/04/14() 08:19:55.61 ID:gH1Bllwr0● BE:479913954-2BP(2931)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
新型コロナウィルスウイルス感染症治療薬を開発中のセルトリオンが治療薬に使われる抗体候補群を最終選定した。
動物実験と臨床試薬の生産を終えてから7月に臨床試験に入るという当初の目標にさらに一歩近づいた。

セルトリオンは13日、「新型コロナウィルスウイルス抗体治療薬の開発のために実施した中和能力検証で最終抗体候補群の結果を確保した」と明らかにした。
中和能力検証実験は、抗体とウイルスを混合して宿主細胞に感染させた後、抗体がウイルスを無力化する程度の中和能力を調べる試験法。この段階でウイルス無力化に効能がある抗体を選別する。
その後、動物実験(前臨床)と人を対象にした臨床を経た後、治療薬を生産する。

セルトリオンは最初に確保した1次抗体候補群300個のうち抗原結合力が良好な106個の抗体を1次選別した。
続いて中和能力を2度確認し、これら抗体のうち38個を抗体候補群に選定した。セルトリオンの関係者は「最終候補群に選ばれた38個の抗体のうち14個は中和能力が特に強力だった」とし「これら14個の抗体を中心に細胞株を開発する」と述べた。

業界は抗体治療薬の中ではセルトリオンの開発速度が世界で最も速いとみている。セルトリオンは開発・生産能力を共に備えているうえ、臨床以前のすべての段階を事実上終えたからだ。海外ではジェネンテック、イーライリリーなどが新型コロナウィルス抗体治療薬を開発している。
セルトリオンは2月に新型コロナウィルスから回復した患者から血液サンプルを収集した後、本格的に新型コロナウィルス治療薬の開発に入った。
3月には抗体候補の遺伝子情報を確保した後、治療用抗体候補を選別する作業を終えた。

引用元: ・【速報】世界最速の新型コロナウィルス治療薬「セルトリオン」 7月に臨床試験開始へ

3: なんJ暇つぶし 2020/04/14() 08:20:28.55 ID:gH1Bllwr0 BE:479913954-2BP(1931)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif

7:

10:

49:
>>10

17:

18:

19:

22:

25:

79:
>>25

30:

31:

34:

35:
5G

40:

41:

44:

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjo

コメントを残す